2017年度 卒業作品発表会 “パフォーマンス部門” ステージ・パフォーマンスゼミ

投稿者:

JIU卒業作品発表会にて、アナウンスゼミの代表である森彩矢香さんにインタビューを行いました。作品の見所や、ゼミでの活動などお伺いしてきました。ぜひご覧ください。

*発表する作品の見所はどこですか?

森さん:
学生ならではの雰囲気で舞台を一から作り上げていてるところが見所だと思います。

*普段ゼミではどのような活動をしていますか?

森さん:
基本的には3年生は芸能発表会に向けて演出とかを考える、4年生は卒業作品発表会の演出などを各班(照明、音響)は考えて、演者だったら自分をどのように見せるのかなどを日々研究しています。

*卒業作品発表会への意気込みを教えてください!

森さん:
最後なので、失敗なくみんな笑顔で終われるように楽しく、且つ気を引き締めてやりたいと思います。また、みんな各々の道に進んでいくんですが、全員の気持ちを一つにして、この大学で一緒に4年間学んだことをこの舞台にぶつけて公演をしたいと思います。

*ゼミの先生はどんな人ですか?

森さん:
先生はすごい生徒思いの方で、ちょっと抜けているところが親しみやすいです。最後の最後まで生徒の面倒を見てくださる方です。

*ゼミの先生へのメッセージをお願いします。

森さん:
就活の時にお世話になった人とかゼミの中でいて、ゼミや学校以外のことを先生に相談している人もいるので、このゼミに入ることができてみんな良かったんじゃないかなと思います。

*最後にゼミの後輩やゼミを志望する学生へのメッセージをお願いします。

森さん:
ステージって大まかに言うと大きいものだと思うんですけど、その中でも自分がやりたいことが全力でできるし、照明のことだけとかじゃなく、他の様々なことにも挑戦して行ってもらいたいと思います!  

森彩矢香(城西国際大学メディア学部ステージ/ステージパフォーミングゼミ所属)
ダンスをやっていた為芸能界の世界に興味があり、裏方の仕事を知りたいと思い入学。舞台の演出を学びながら、特に照明の演出に重点を置き、研究をしてきた。学んできた照明の知識をいかし、劇団の舞台照明のオペレーターを何度か経験。 照明の仕事がしたく、ブライダルの技術、演出を行っている企業に就職予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください