WebOBOGインタビュー 手塚直樹さん 2017年3月卒 株式会社アームズ

投稿者:

インタビュアー:中田彩水(メディア学部3年生)

インタビュー日時:2017年6月10日(土)

中田:本日はOBOG訪問のインタビューを受けてくださり、ありがとうございます。本日は宜しくお願いします。

まず最初にお名前をお伺いしても宜しいでしょうか?

 

手塚さん:はい紀尾井町3期生 手塚直樹です。お願いします。

 

中田:お願いします。では、現在勤めている会社はどちらでしょうか?また、その会社ではどのような仕事をしていますか?

 

手塚さん: 株式会社アームズっていうCMを作っている会社にいます。

 

中田:職場での雰囲気はどのような感じですか?

 

手塚さん:アットホームっていうとブラック企業ぽいので、和やかな大学みたいな空気を持っています。

 

中田:はい、ありがとうございます。現在、CM会社で働いているとおっしゃっていましたが、その仕事をなぜ選んだのですか?

 

手塚さん:大学在学中に映像を勉強していて、最初CMは特に希望してなかったんですけど中継とかをやっていく間に、制作っていう仕事に興味を持って、それが仕事にできたらなぁって思ってCM制作に就きました。

 

中田:その仕事をしていてどんなやりがいを感じますか?

 

手塚さん:やっぱり自分たちが作ったものがテレビで流れた時は「おぉ!!」って思いますね(笑)

 

中田:その仕事でしか経験できない何か面白い出来事とかって何かありましたか?

 

手塚さん:えっと、制作ってもう最初から最後までやるんですけど、細かいこととかに気を使わないといけなくて、例えば撮影中などにキャストさんたちのお昼のお弁当とかを入れるときにこの人はまず何が好きなのかとか、大盛りがいいのかとか、ご飯の好みからまず調べて…。あと、よく怒られましたね。ハンバーグが好きって言って、ハンバーグ弁当を頼んだんですけど、デミグラスソースがかかってなくて「なんだ、これは!」ってマネージャーさんにすごい怒られた時があります。

 

中田:へー、そうなんですね!続いて、学生時代についてお聞きします。学生時代はどのようなことをしていましたか?

 

手塚さん:学生時代はもう単位もそこそこに遊んでました(笑)

 

中田:では、現在(社会人)と学生の違いってありますか??

 

手塚さん:お金が貰えるかどうか、あと規模の大きさじゃないですかね!

 

中田:休日の日はどのようにお過ごしですか?

 

手塚さん:僕、趣味麻雀なんですよ。あと、スノーボードもやるんですよ。つい先月は月山(がすさん)っていうこの季節でもスノーボードができる山に行ったりとか、あとそれこそゴールデンウィークは吉田くんと村野くんとあと及川ゼミの人と麻雀しましたね。

 

中田:そうなんですね!では次に、学生のうちにやっておくべきことって何かありますか?

 

手塚さん:やっぱ結局は自分が楽しいと思ったことをやればと思うから、遊んでギリギリじゃなくていいからしっかり単位とって、自分の時間を沢山持つことが将来後悔しないかなって思います。

 

中田:では最後に、CM制作会社に就職したいと考えている後輩にメッセージをお願いします!

 

手塚さん:CM制作会社と言っても僕らみたいに最初から最後まで、例えば電通や博報堂といった代理店にプレゼンテーションして最後の編集、納品までやる一括の会社や、あとはもう撮影しか行かない会社とか編集を代理する会社とか分業型っていうんですけど、っていう2パターンの会社があって飽きっぽい人はやっぱり分業の方がいいかなって。現場が好きって人は現場しかやらない分業会社の方がいいと思うし、最初から最後まで1つの作品に携わりたいって人は、まぁ最初から最後までできる会社を探して入った方がいいと思います。

 

中田:はい、ありがとうございます!質問内容は以上となります。ありがとうございました!

 

手塚さん:ありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください