サークル設立奮闘記!(vol.3) JIU学生映画祭

投稿者:

無事に『結い』が完成し、エントリーも終えた頃、私は学校にも慣れてきて普通に楽しい日々を送っていました。

 

第5回JIU学生映画祭 一次審査結果発表

エントリーを終えた頃の私は、

「このままでいいかなーみんなと楽しく撮影するの好きだし」

「いつか、またできればいいや」

「なんだかんだな〜」

と、サークルを作る!と意気込んでいた私はどこに⁈(休憩も大事だけど…)

そんな中、映画祭の一次審査結果発表のお知らせが

結果は<一次審査通過>

「やったー!たくさんの人に見ていただける!友達も呼べる」

これで晴れて、『結い』は映画祭当日、上映されることになりました!

 

第5回JIU学生映画祭 当日

私は実行委員として、一次審査通過者として、さらには、司会という大役をいただき、慌ただしい中ほぼ徹夜で当日を迎えました(泣)

「自分の作品が上映されるなんて、ワクワク半分不安半分」

「見てくださる方々は、どんなリアクションをするんだろう」

一緒に作品を作った仲間と共に見守る中、『結い』の上映が始まりました!初めて自分が監督した作品が、大きなスクリーンで上映されると

「わ~おっきい画面で流れてる」

「見られてる、恥ずかしい」

「どんなリアクションだろう?」

と初めての事で、そわそわしながらも無事に、上映も監督の舞台挨拶も終わりほっとしました。

映画祭では、先輩方の作品を多く観る事ができ、

「レベルが違う」

「画も音も綺麗」

「面白い、心に響く」

「これが3年勉強した差か…」

今の私たちに足りないものがはっきりと見えました。

あと3年で私もこうならなければ!

 

次回『結い』の結果は?サークル作る話はどうなったの?

お楽しみに

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください