サークル設立奮闘記!(vol.11) 設立に向けての準備

投稿者:

設立に向けて動き出した私たち

設立に必要なもの

設立を決意した私たちは、サークルを管理している学生課へ向かいました。

新サークル設立に必要な書類

・新規団体設立願

・活動計画書

と、サークルのメンバーが10人以上、顧問の先生がいるという条件を聞きました。

私達)10人か・・・

まずは同じ目標に向かって、一緒に活動できる仲間を探す事にしました。

授業やサークルで一緒に活動している人から、興味を持ってくれそうな人に声をかけて行きました。

この時の私達の心境は、

「誰だったら一緒にやってくれるだろうか」

「私達が新しいサークルを作るという事は、今入っているサークルを裏切る事になるよな」

「お世話になった先輩の恩をあだで返すようになるのではないか」

「最近人間関係変わったよな」

と、妙な緊張感がありました。

今、当時をみんなで思い出すと揃って

「あの時は、お葬式ムードが漂ってた」

と言います(笑)それだけ真剣に悩んでいました!

その想いが伝わったのか、私達がやりたい事を伝えると

「今のサークルはもの足りないから一緒にやりたい」

「そういう想いがあるのらもちろんやるよ」

「自分も、今のままじゃダメだって思ってるからはいりたい」

と言ってくれる仲間が集まりました!同じ想いを持っている仲間がいる事が、とても嬉しかったです!私はこの時、一人じゃないんだ、最高の仲間に恵まれてるなと感動しました。

このように企画書を作って、見せながら話していました

 

新規団体設立願

仲間が集まったら次は書類です。『新規団体設立願』は新サークル設立 許可・不許可

がかかっているので、3人で真剣に文章を考えました。団体設立の趣旨は今まで私達が考えていた、理念やコンセプトを書きました。

そしてもう一つの、団体設立による効果の部分。私達が当初から思っていた、城西国際大学メディア学部を盛り上げたい、互いに切磋琢磨しあえる関係になりたい、技術力を向上させたいなど、素直な気持ちを書きました。

そして、私達が日頃お世話になっている、ぜひ顧問をしたほしい!という先生のところへ行き、話をしました。そしたら、快く引き受けてくださいました。

さぁ、揃うものはついに全部揃いました!

もうあとは、許可をもらうだけです!

さぁ行くぞ!

私達は、必要な書類を学生課に提出したのでした。

 

次回、ついに新サークル設立か?!お楽しみに

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください