サークル設立奮闘記!(vol.5) 映画祭終了 その後

投稿者:

 

無事に映画祭が終わり、実行委員の打ち上げがありました。

映画祭実行委員打ち上げ

打ち上げを企画してくださった、映画祭実行委員OBの方の中には、オープンキャンパスや学校のパンフレットでお見かけしたことがある方もいらっしゃいました。

「わ~お会いできるなんて嬉しい!」

「一期生にお会いできる」

乾杯が終わり、少し落ち着いてきた頃、なんだかとっても美味しそうなものが

「わ~!このたこ焼き美味しい!」

今まで食べたたこ焼きの中で一番美味しかったです!(また食べたいな…)

私は、たこ焼きを作っている1期生の先輩のもとへ

そして、私と1年生2人と先輩との、4人でしばらく話をしました。

「今日初めて映画祭で多くの方々に、自分の作品を観てもらって、このままじゃいけないと思った」

「学校だけじゃなくて、もっと広い世界でチャレンジしたい」

私はこの時初めて、心の内を他の人に話しました。

今思い返すと、この時が運命の分かれ道だったと思います。

この時の私は、夏から何もしていなかった焦りと、やりたいことができていない、歯痒さがありました。

 

食事会

無事映画祭が終わり、後日たこ焼き器を囲んでいた4人で食事に行くことになりました(憧れの先輩とご飯に行けるなんて!緊張してたのを覚えてます)

この時「なんでも話す会」と称し、様々な話をしました。真面目な話から恋愛トークまで(笑)

この時改めて、

「新しいサークルを作りたい」

と話しました。

私としては、「学内だけにとどまりたくない、映画以外もやりたい、ただの思い出作りにはしたくない、組織をしっかりさせたい」という思いが強かったです。

この時はただただ純粋に、理想の未来を語っていました。

「こうしたい、こうだったいいな、ああなりたいな」

この時一緒にいた、2人も同じ想いを持っていました!

「この想いを実現するために、一緒にサークル作ろう」

同じ想いを持つ同志がいたことが嬉しかったです!

ここから始まりました、私たちのサークル設立に向けた動きが始まったのは…

 

おまけ)この食事会の帰りの電車で、私は新作を思いついたのでした

次回 サークル設立に向けた動きとは?

お楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください