UCR研修(Vol.2) ワークショップそしてオプショントリップへ

どうも、ごきげんよう。 岩城です。

今回は、アメリカで受けた授業や選んだ人だけが行く、オプショントリップについて書きたいと思います!!
まず、授業についてですね。

自分たち、メディア学部が受けた授業というものは、映像の制作方法についてです。

カット割りやカメラサイズによって異なる名称の撮り方など、様々なことを学びました。

教えていただいた教師のKat(キャット)先生です。

あのGoogleに働いていたこともあるらしいです!!
こんなひろーーーい教室で撮影方法等について勉強しました!
かれこれ2週間のうち8日くらいは勉強してましたね。

元々、演出志望であった自分も改めて勉強になることが多かったです!

 

 

 

お次はオプショントリップについてですね。

自分が行ったのは「ユニバーサルスタジオハリウッド」と「ディズニーパーク」です。

どちらも日本にある有名なテーマパークと大まかには一緒です。

 

では、まず先にユニバーサルハリウッドから、ちょこっと書きますね。

日本のユニバーサルスタジオと異なる点は、規模の大きさに他なりません。

ユニバーサルスタジオハリウッドは、スタジオツアーという実際に撮影等で使われているスタジオをめぐるアトラクションです。

このアトラクションの面白いところは、ユニバーサル映画作品の実体験ができるところです。

例を挙げるなら「earth quake (1974)」や「Psycho(1960)」といった映画のワンシーンが!!

こんな感じに↓

そして何より自分が日本より良いと思ったのは、あの日本発のおもちゃがハリウッド映画化された、自分の大好きな映画「トランスフォーマー」のアトラクションがあったことです!!
記念に敵側の組織のボス「ディセプティコン」と撮った写真を載せておきますね。

お次はカリフォルニアディズニーパーク。

こちらは幾つかパークがあって、ディズニーパークとディズニーアドベンチャーランドの二つでした。

ディズニーパークはいわゆる日本のディズニーランドと同じような、アドベンチャーパークはスリルあふれるアトラクションが多めでした。

自分はディズニーパークの方に行き。スターウォーズのキャラクターなどとグリーティングをしました!!
ところで、アメリカのディズニーに行って驚いたのはこのお菓子です。

糖・分・爆・発といったまさに、ガツンとくるようなお菓子に一目惚れし、買ってしまいしばらく甘いものはいらないほど、糖分をとりました。

 

そんなこんなで、楽しいオプショントリップでした。

 

 

 

お次は、ゲストスピーチ!
アメリカで働いている日本人お方を、お招きしていろんな話を聞きました。

お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください