UCR研修(Vol.6) UCR参加者アンケート分析

投稿者:

アメリカから日本へ帰ってきた私たちですが、英語力はどうだったのか、UCR研修に参加してどうだったのか、今後の留学や研修についてどのように考えているのでしょうか。

 

2016年度のUCR研修に参加してもらった39人のアンケートを元に分析していきたいと思います。

 

最初に、UCR研修に参加した人たちはどれくらいの英語力があったのでしょうか。TOEICスコアと英検で見ていきましょう!

TOEICとは英語を聞く力と読む力を測定するテストです。

(参考:http://www.iibc-global.org)

グラフを見る限り、一番多い点数は325点〜335点、420点〜430点です。一般的に大学では最低でも400点以上とっておいたほうが良いと言われています。だいたいその点数の前後の人たちが参加していました。

 

 

英検ではどのようになっているのでしょうか。

英検準2級が圧倒的に多いですね!英検準2級は高校中級程度と言われています。(参考: http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/)

 

しかし、実際に研修に行ってみると英語力は関係なく、知っている単語を並べて最後に語尾をあげれば何とかなりました。

 

次にUCR研修に参加してどうだったのか見ていきましょう。

(5段階で、1が最も低く、5が最も高いです)

UCR研修に参加して良かった人たちが圧倒的に多いです!

私自身も英語のコミュニケーションはとても大変でしたが、ホームステイでの暮らし、UCR学生との交流、観光地ツアーなどたくさんのことを経験し、参加して良かったと思います。

積極性が身についた人が多いです!

私は積極性が身についたかは実感できませんが、アメリカは自分の気持ちを言う文化が日本よりも多いため「I want to〜」をひたすら言っていました。ホストマザーとの会話もそれでほぼ成り立っていました。

語学をもっと勉強しようという人が多いです!

私はアメリカに行く前に英語を勉強していたのですが、いざアメリカに行くと、全然話せなかったです。今の自分の英語力を実感できた場でもあるため今後も勉強していこうと思います!

先ほども書いたようにアメリカは自分の気持ちを言う文化が日本よりも多いです。むしろ自分の気持ちを言わないと相手が困ります。私は自分の気持ちを言えない派のため、ホストマザーも最初の方は困っているような様子でした。

だから、とにかく「I want to〜」をひたすら言ってました!何度でも言いますが本当にこれで会話成立します!(あくまで私の意見ですが…!)

海外に興味が増えた人たちが多いです!

私は前から海外に興味を持っていて、今回初海外だったためとてもワクワクしていました。アメリカだけではなく他の国にも行ってみたい気持ちが増しました。

海外大学や大学院に進学したい人は少ないようです。

たしかに、海外大学や大学院に進学するには、保護者の許可や膨大な費用もかかるなどさまざまな問題があるため進学したくてもいけない人やそもそも進学まで考えていない人もいると思います。

将来、海外で働くのはどちらでも良いという意見が多いです。

私もそうですが、語学力や生活面、仕事の能力など留学以上に不安になることが多いと思います。

やはり短期研修や留学が1番良いと考える人が多いようです。

 

最後に、UCR研修に参加した学生たちの感想はどうだったでしょうか?

 

「改めて自分の語学の向上などを知ることができた」

「旅行では何度か行ったが、研修では初めてでとても楽しかった」

「今まで知らない事を沢山知り日本の小ささを実感できてとても良かった」

「相手が言っている単語が聞き取れるようになっていったのが、嬉しかった行く前は友達がいなくて不安でやめようかまで考えたが、言ったら友達もでき、1日目から帰りたくないほど、とても楽しい毎日を過ごすことができた」

「楽しかった!来年の1年生にオススメしたい」

「アメリカの色々なもののスケールの大きさに感動した」

 

などなど、研修に行って良かったという感想がたくさんありました!私も研修に行って本当に良かったと思います。行ってしまえば英語はなんとかなる!

 

 

さて、Vol.1からVol.6までUCR研修の記事を通してきました!

英語力には自信がないけど海外に少しでも興味を持っている人、ホームステイをしてみたい人、ディズニーやユニバーサルスタジオに行きたい人などなど、良い機会になる研修です!

ぜひアメリカに行ってみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください