メディア学部卒業生高橋賢成監督「海抜」が第31回東京国際映画祭に選出

投稿者:

今年3月卒業したメディア学部4期生の高橋賢成(たかはし けんせい)さんの卒業制作「海抜」が東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に選出されました。

日本映画スプラッシュは若手監督の登竜門で、選出された8作品の中には、武正晴監督、リリー・フランキー出演に「銃」、野尻克己監督、加瀬亮、大森南朋出演の「鈴木家の嘘」をはじめ、高橋君の「海抜」がどこまで戦うか楽しみです。

映画祭は10月25日〜11月3日まで、「海抜」の上映では舞台挨拶に高橋さんも登壇します。

10月1日(月)は上映スケジュールの詳細が発表されます。

ぜひご覧ください!

 

第31回東京国際映画祭「海抜」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください